第一種衛生管理者試験に合格する勉強法

第一種衛生管理者とは

常時50人以上の労働者を使用する事業所では、労働安全衛生法により、衛生管理者免許を有する者のうちから労働者数に応じて一定数以上の衛生管理者を選任し、安全衛生業務のうち衛生にかかわる技術的な事項を管理させる必要があります。

 

衛生管理者免許には、第一種衛生管理者免許と第二種衛生管理者免許がありその違いを下に記します。

 

・第一種衛生管理者とは
工場など、危険もしくは有害な要素のある事業所を含むすべての事業場において、衛生環境を管理することができる。

 

・第二種衛生管理者とは
有害業務とは関係の薄い、情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など一定の業種の事業場においてのみ、衛生環境の管理をすることができる。

 

 

■まとめ
法律で50人以上の規模の事業所は衛生管理者の選任を義務でけられているため、衛生管理者の免許を持った人材は常に必要となります。

 

 

第二種衛生管理者の出題範囲は第一種衛生管理者の出題範囲に全て含まれます。
出題範囲は少し広くなるものの、問題の難易度は変わらないため、いかなる業種の人でも第一種衛生管理者の免許を取得することを推奨します。

 

 

 

第一種衛生管理者試験を合格する勉強法

トップページへ