第一種衛生管理者試験に合格する勉強法

不合格になるとこんなにたくさんまずいことが・・・

「第一種衛生管理者の資格をとるように」そう会社から指示を受けたあなたは、管理職・監督職で年齢で言えば30〜55歳くらいの方が多いと思います。
急に資格をとれと言われても、

 

・もう何年も勉強をしていないから資格試験なんて自信がない
・年齢的に頭が働かないから暗記する自信がない
・何をどうやって勉強していいか分からない
・試験勉強をするのが憂鬱だから勉強したくない、楽に合格したい

 

こんな思いの方が大半で不安を感じていることだと推測します。

 

しかも、第一種衛生管理者試験は平日に行われます。すなわち会社を休んで試験を受けにいく必要があります。そうなると、一発で試験に合格できないと会社を何度も休んで試験を受けにいかなければなりません。また、1回の受験に6,800円費用がかかります。

 

管理職・監督職が試験のために何日も会社を休みことはできませんし、試験になかなか合格できず、会社を休んでいるところを自分の部下や他部署の人に知られることになってしまいます。

 

こうなると、今まで自分が築いてきたプライドがズタズタになってしまいます。合格率はおよそ50%、だからこそ不合格となることがとても恐ろしい資格なのです。

 

でも安心してください。このサイトで私の提唱する勉強方法を実践していただければ確実にあなたを一発で合格させることができます。

 

 

「第一種衛生管理者試験に合格する勉強法」はここをクリック

 

私と第一種衛生管理者試験の出会い

はじめに当サイトの管理人である私について少し紹介させていただきたいです。

 

私と第一種衛生管理者試験の出会いは2010年の秋、直属の課長から「第一種衛生管理者をとる方法を教えてくれ」そう言われたことがきっかけでした。

 

当時、私は技術職として自動車メーカーに勤務しておりましたが、極度の長時間労働に悩まされておりました。そして、そのような現実が受け入れられず転職を考える日々でした。

 

ですが、時代は超就職氷河期、簡単には転職はできません。だから、私は資格をいっぱいとって転職をしようと考えました。長時間労働の中で効率的な勉強をする必要があったのです。だから私は書籍を読みあさり実験・検証を繰り返すことで最強の勉強方法を確立しました。

 

この勉強方法でTOEIC860点をはじめとする8つの資格を3年間で取得しました。月に100時間以上の残業をしながらです。気付けば3,000人いる社内で「資格の王様」と呼ばれるようになっていました。

 

ですので、普段は仲の良くない課長でさえ私を頼りにしてきたのです。私は第一種衛生管理者試験についていつも通り分析をし、もっとも効果的な勉強方法を見つけ出しました。そして、その勉強方法で2週間程度で合格をしました。課長についても私の提唱する勉強方法で1カ月で一発合格をしました。私にとっては簡単にできる人助けでした。

 

その勉強方法について、出し惜しみなしで全てお教えします。

 

 

「第一種衛生管理者試験に合格する勉強法」はここをクリック

 

 

トップページへ